FC2ブログ
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.28 (Wed)

【こんなジャンル入荷しましたよ】もはや担当の懐古趣味の極致だけど紹介したいの「河よりも長くゆるやかに」パロディ同人誌

もはや担当の懐古趣味だろ…の一言ですまされそうですが、
「世界でわたししかいないんだろうなあ」と思いつつも本を
出さずにいられないその心意気やよしって気持ちもすごく
あるので、ご紹介させてくださいな。

今回は
「河よりも長くゆるやかに」パロディ同人誌のご紹介です。

かわよりもながく


「河よりも長くゆるやかに」、いわずと知れた吉田秋生の名作です。
あー…でも…現代の若者には…読まれてるんだろうか…。
吉田秋生でもドラマとか舞台とか映画化された
「BANANA FISH」「夜叉」「吉祥天女」とかは馴染みがあるかも
しれないけど「河よりも長く~」はどうなんだろう…。
しかし担当は大好きな作品なので、それの同人誌といったらもう
つい…つられてしまい…ました…。

「BANANA FISH」後半以降の吉田秋生の描く男子っていうのは
すっかりなんていうかもう…担当は男子のオサレ用香水とかコロンとかの
類はまったく門外漢でわかりませんが、なんかこうそういう香りが
してきそうないわゆる「イケメン」になって…いやほんと
カッコよくなったんですけども…。
あれはあれでいいんだけど、担当の年齢のせいなんですかねえ…
読み返したいと思うのはなんだかこっちの初期路線なのよ…。

「河よりも~」のほどよく汗くさそうな男の子たちもやっぱり
よかったよなあって担当は思うんだよ…。
ちゃんと靴下くっさそうな感じがよかったんだよ…。
吉田秋生の話するたんびに、「二次元キャラにおける女子の夢と
男子の現実のほどよい融合」の理想形について考えちゃうんだけど
(実際そんな体系だててまじめに考えてるわけでは一切ないけど←ダメじゃん)…。
ほんでつい、酔っ払いみたいに毎回同じ話を繰り返してしまう
わけなんだけども…。
ほんとこの「河よりも~」のメインキャラクターのトシ・深雪・
秋男のほどよい…ダメっぷりはほほえましくて
担当の目線ははるか遠くなります。こうこうせい。

「河よりも~」の作品中に、
「なんか彼女とするまでにいろいろ段階踏んでっていうのが時々
すっごくめんどくさいの!ただもうやりたいの!」っていう
ほほえましいけどどーしようもないねえってニヤニヤしちゃう話が
あるんですが。
この同人誌にはそれの女の子版のお話があったりします。
深雪とトシが女の子になってて、「いかに効果的に自分が
ほしいものを彼氏におねだりして買ってもらうか」的な話が展開されてます。
うわあおんなのこってしたたかだよね!
ちょっと人心掌握術が勉強できるかもしれないよ!
原作と比較して読むと面白いかと思います。たぶん。

あと順子(と書いて「よりこ」と読む)メインのお話があるのがいいなあ、
この同人誌。
彼氏がいてもささやかに横恋慕してるおんなのこキャラっていいよな…。
たぶん女の子は順子みたいなキャラ、すきだと思うのよ…。
この同人誌に収納されてる順子まんがは、ひとことで
説明してしまえば「大人になっちゃってもうあのころにはもどれないわたしたち」
的な話になるんですけども…ちゃんとあの吉田作品がもつ
「せいしゅん!」感とか「せいしゅん!」に伴う刹那感とか、
若い頃は共感をもって、年を重ねると「あれはあれで
よかったなあ」って思いながら読める「せいしゅん!」描写が含まれていて
素敵です。
この本作った作家さんは、ほんと吉田作品が好きなんだろうなって
いうのが伝わります。
…この本を紹介することによって、共感してくださる方が
どんだけいるか正直担当はすごく図りかねているのですが、
お一人でもいればもう御の字です…。
いいの…担当の任務のひとつとして、
「大丈夫、ひとりじゃない!」って背中を押すこともあるから
いいのです…。
主張するって大切…。

こちらは中野LIVE館レジ横開放ショーケースにて販売しますよ。

皆様のご来店をお待ちしております。

担当・和泉




スポンサーサイト
21:00  |  こんなジャンル入荷しましたよ  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.25 (Sun)

【こんなジャンル入荷しましたよ】ジャンル的にはメジャーなんだけど同人がいっぱい安定して供給されるかというとうーん。そんなわけで今回は加賀谷鴻一の「北斗の拳」本です。

同人誌。

作品がメジャーだからといって、同人誌もそれに比例して
入荷が安定していて、在庫が常にあるかっていうと…

そうではない、ことも…ある…。

常に比例するわけではないのが不思議なところです。
比例すればいいのに!

または、あるにはあるけど、ネタとして使われることがほとんどで、
ガチで「そのジャンルの本!」とはいいがたいダブルパロ的な
扱いになってしまうとか…。

主に80年代ジャンプ系なら、「北斗の拳」「魁!!男塾」が
そういう感じの本が多い。気がします。

以前4月ごろにもネタではなく純粋にパロディとしての「北斗の拳」本が
入荷したのでご案内しましたが、また素敵な本が入荷したのでおしらせ。

あっ…そういやあの時いつぞやのコミックバンチで、「蒼天の拳」が
「えっ そんなページ数で終わっちゃうの…!それなら休んでいいのに…!
休載でも責めないよ!仕方ないこともあるよ…!」的なコメントを残した
覚えがありますが…。
そういや バンチ 休刊 するんです よね…。
「蒼天の拳」はどこにひきとられるんだろう…新しい雑誌つくるみたい
ですけども…。
どうなるのかしら。

それはさておき。

今はジョジョサークルとしての方が通りがよいかもしれない、
加賀谷鴻一さんの「北斗の拳」本が入りました。
「LEGEND WILL BE BORN」です。

加賀谷さんの北斗


以前入荷した時は合同誌だったんですが、

今回は 個人誌です。

YATTA!YATTA!
B5サイズだぜ。
中にカラーページもあるんだぜ。

内容は比較的健全なギャグで、どなたにも安心してオススメできる仕上がり。
取調室でカツ丼をすすめるケンシロウとかいらっさるよ…。
トークのページもアツい。これは…たぎる…。
いわゆる「女性向け」的カップリング描写はありません。
あーでもカップリングっていうんじゃないのかもしれませんが、
「もし…レイとマミヤが結婚してたらどうなったかしら…」的な
もしもパロディ話はあります。
担当は個人的には加賀谷さんの「マミヤさんも好きだった…(男を見る目は
いまいちなかったが…)」ってコメントにちょっと噴きかけました…。
うんまあそうかもしれませんね…レイに応えておけば…と思う気持ちも
わからなくは…ない…。

合同誌「北斗の男」に掲載された作品や、書き下ろしも含めてだいたい
136ページ(だいたいってなにさ…いや ノンブルが 見えなかったので
目次を頼りに…数えるのを横着しましたすみません)。
がっつりがっつり。

若干の折れがありますが、発行された年代を考えると(1987年発行)、
比較的よい状態なのではないかしら…。

よい北斗本をお探しだった方はこの機会にぜひ。

中野LIVE館の店員おすすめショーケースにお出ししておきますので!
購入前に状態の確認を希望される方は、お気軽にスタッフまで
お申し付けくださいね。

皆様のご来店をお待ちしております。

担当・和泉




21:00  |  こんなジャンル入荷しましたよ  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.19 (Mon)

【こんなジャンル入荷しましたよ】アイムア主人公~♪…もう懐かしいって域に入るのだろうか 「赤ずきんと健康」の同人誌が入りました。

はじめて投稿されてから、かれこれもう…あれ もう2年経つの?

今回は 動画ネタです。

「赤ずきんと健康」の同人誌が入荷しましたよ。

これね↓



もはや懐かしいって域に入ってるのかどうなのか
判りかねますが、とりあえず担当も大好きでした…。
担当も人から教わったんですが、
後日周囲に布教活動を始めたものです。


うん、好きでしたね…。


勢 い 余 っ て 、

会 社 の コ ス プ レ D A Y で 

脳 の 精 の コ ス プ レ を 

し て し ま う 程 度 に は 

好 き で し た よ 。

え え 。


※コスプレDAY→まんだらけで年に一回社員総出でコスプレする日。

アルバイトの女の子が作ってくれたんだよね…。
赤ずきんとか内臓の精たちもいればよかったけど
当時担当ひとりだった、そんなメモリー。
正直担当があの水色のカツラを素敵にかぶりこなして
いたかどうかは心の棚の手に届くはずのない位置に置いといて、
まあ毎日再生してましたよ。あの頃。
毎日口ずさんでましたよ。
使える機会さえあれば「なるほど!」って言ってましたよ…。

なにげに配色がきれいだったり、
「なるほど!じゃあみんなで踊りましょう」のくだりの
音楽が妙にカッコよく聴こえたり。
そして中毒性の高い楽曲群とあの脱力感あふれる喋りと歌。
中毒性の高さは、ほんと凄まじかったあの頃…。
気が付くと口から♪アイムア~主人公~とだだ漏れだったあの頃…。
いろいろたまんないですね…やっぱり。
あと、脳の精…そのさみしそうな背中を 抱きしめたい。
抱きしめたい(ドリアン助川)。
それから赤ずきんのぱんつの色にどきどきするよね!
最初の方で見えるから、ぱんつの色をご存知ないかたは
前半頑張って鑑賞してください。
ほんとに結構最初の方ですよ…。

紹介するには時期的にどうかなあと思いつつ、
ようやく合えたのが嬉しいから紹介しておきます!

これです↓

なるほど!

オールキャラ風味です。
女子向け同人誌を語る上で欠かせない用語「カップリング」的要素は
ありません。
そして合同誌です。
そいでもって、コピー誌ではなくて、
オフセット本です。ガチで。…すばらしい。
よくぞ作ってくださった…!
担当、個人的にはこの本の中で一番キュンとしたところは、
脳の精が…ひとりで…みんなと撮った写真を、ぎゅっ…て
抱きしめるところです…。
そんな脳の精をむしろこっちが…抱きしめたい(ドリアン助川)。

お探しだった方、「ああ!あの動画、好きだった…!」って方、
ここに貼ってある動画が初視聴で「好きになってしまった」っていう方も、ぜひ。

皆様のご来店をお待ちしております。

担当・和泉


21:00  |  こんなジャンル入荷しましたよ  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.10 (Sat)

不夜情(ヨネダコウ)の「カカイル高校教師」と「Why don't you touch me?」

本来ここのブログではなく通常のまんだらけトピックス扱いでも
充分なほどに有名な作家ですが…。
ちょっと速攻掲載したかったがためだけにブログを駆使…。


ヨネダコウさんですが。
某所のつぶやきをながめていると、時々あのジャンルのあんなキャラの
ラフ画などが投下されていてまったくもって油断なりません(嬉)。
期待してしまうではありませんか…。

それはさておき。

今回はヨネダコウさんのNARUTO本が入荷したのでご案内です。

fuyajou1

fuyajou2


「カカイル高校教師」と「Why don't you touch me?」の2点。
正確にいえば冊数的には3冊。
なぜならカカイル高校教師は2冊セットだから…!
同人誌で続きものを集めるのってタイミング合わないと難しいんですよ…ね…。
ただし残念ながらカカイル高校教師、本文ページに…ヤケがございます…。
それから「Why don't you touch me」も角落ちがございます。
購入前の状態確認は、お気軽にスタッフまでどうぞ。

この本たちは中野LIVE館ショーケースにて販売しますよ。

皆様のご来店をお待ちしております。

担当・和泉



21:00  |  こんな作家さんの本はどうでしょう  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.07 (Wed)

【こんなジャンル入荷しましたよ】世間があのおまわりさんたちの映画7年ぶりの新作に沸いてる中、

あーもうあのおまわりさんたちの7年ぶりの映画新作を
複数回見てる方とかいらっしゃる頃ですか…ね…。
いいな…担当だって…担当だって…観に行くんだから…!
観に行くんだから…!

舞台挨拶も相当アツかったみたいです…ね…。
いや彼はいつだって…アツいんですけど…も…。
(↑もうすっかり世界陸上での彼ばかりが脳内をよぎるように
なっている)
なんかあと彼が地元の言葉で「がんばってるかー!?」的な挨拶
したそうじゃないのちょっとちょっと…。
もう…。(キュン)

いやいや今回はあの「踊●大●査線」における
カーキ色のコートの彼ではなくて、
あっちの仕立てのよいコートの彼にまつわる本を
ご案内することにしてるので。
えーと、あっちの仕立てのよいコートの彼っていうのは
彼です。
あのときどき混じる方言まじりの言葉がいとおしい彼です。
キャリア組の彼です。
柳葉●郎さんからみの本です。

すっかり最近は落ち着いた役が増えた気がしますが、
担当の中では今もときどきテキ屋のシンちゃんが頭をよぎったり
するんだぜ…。
あと「ソイヤ!」のこと忘れちゃいけないよね!
前略、道の上より。

あーようやっと本題に入れる…。

今回は

一●風靡SEPI●の本です。
ソイヤ!

以前「踊●」などで活動されていたサークル・陽炎座さんの
ソイヤ!な本です。
ジョニー…ジョニーが…姫…かっこいいのに
可憐でめがっさドキドキする本です。
二次創作的なマンガと共に、
当時のTV番組レポ的なもの「セピ●ひとくちメモ」もあります。
…ドラマのネタもあったんだけど、
もう「君の瞳をタイホする!」ってタイトルみただけで
担当懐かしさにふるえあがったわ…。
ユ~ワアアアアアアマアアアアア~イイン(わかってくれる方は
わかってくれたらうれしい…それだけでいい…)
エンディングにトークなんて入ってたっけ?あのドラマ。
W浅野の片割れはそんな問題発言をしていたのか…。
そしてそんな問題発言をさせてしまうようなところなのか…セピ●…。
真相はわかりませんが、「ひとくちメモ」も楽しかった。

いまもなおギ●ちゃんをこよなく愛するかたへ、
おすすめしたい1冊でございます。

この本は、中野LIVE館レジ横開放ショーケースにて販売しますよ。
あ、残念ながら状態イタミがございます…。
購入前に状態の確認を希望される方は、お気軽にスタッフまでどうぞ。

皆様のご来店をお待ちしております。ソイヤ!

担当・和泉

21:00  |  こんなジャンル入荷しましたよ  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。